にわか 及び ミーハー 募集

2015年9月27日


こんにちは。

にわか人間 鈴木です。

 

本日紹介する物件はコレッ!!

Treform 新大塚駅  徒歩3分

http://www.kkf.co.jp/g/takagi_po/treform/

IMG_8906

毎度、前置き多めです。

文字を読みたくない人は下の方まで飛ばしてください。

 

皆さん、ラグビー見ました?

 

私は、例の歴史的勝利の南アフリカ戦は見ず、

勝って盛り上がった後の試合のスコットランド戦を見ました。

まさに「にわか」と呼ばざるを得ません笑。

 

サッカーも代表戦は見ますし、野球も高校野球とその後の選抜のワールドカップ的なやつとかも見ました。

バレーボールも見ましたね。最近ワールドカップやってましたね。

 

まさにスポーツにわか人間。

(とは言え野球は9年、バレーは3年、サッカーはお昼休みにやっていたので「にわか」ではない部分もございます)

 

ラグビーは完全ににわかです。

しかしラグビーはかなり面白かったなという印象。

まさに「にわかファン」になりました。

 

 

にわかとは、そもそもは下記のような意味ですが

 

1 物事が急に起こるさま。突然。

・「天候が―に変化する」「―には信じがたい噂」

2 病気が急変するさま。

・ 「此の時御病いと―になりぬ」〈記・中〉

3 一時的であるさま。かりそめであるさま。

・ 「―にしもあらぬ匂ひ、いとなつかしう住みなしたり」〈徒然・一〇四〉

[ 大辞泉より ]

 

最近「にわか」というワードはネット用語(スラング)的なものになりつつあって、

元々のファンでもないのに、世の中の流行に乗せられて短期間で急速に興味を持った新参が、

あたかも古参のごとく背伸びして振る舞おうとする様子を揶揄する煽りワードもしくは自虐ワード。

[ ニコニコ大百科より ]

 

若干 軽蔑的に用いられる用語な印象です。過去のミーハー的な使い方に近いと思います。

今回のブログでの「にわか」はネット用語的な意味です。

 

 

まあ、、、別にいつ興味を持ち始めたかなんてどうでもいいですよね。

にわかだろうが面白いものは面白い。その時面白くても時間が経って興味が薄れるのも仕方ない。

自分がにわかだろうがどうでもいいと思うし、他の人もシカリ。

 

ただ、コレだけは言いたい。

「良性のにわか」と「悪性のにわか」がいるということを。

 

私自身は、「良性のにわか」だと思いたい。

まず、スコットランド戦の前に、ネットでラグビーの基本ルールについて情報収集。

 

「後にしかパスをしちゃいけない」のは知っていたけど、「前にポロッとボールを落としちゃう」のも反則らしい。

 

あとは、アメフトと違って「ボールを持っていない人へのタックル」禁止とか。

これは結構重要ですね。ボールと関係ない所で相手選手を潰してトライのルートは作れないと言うことです。

 

だから、もうボール持った選手に超タックルが来る。

私がラグビーやったら即骨折50箇所な気がします。

 

とりあえず最低限のルールを理解し、今回の日本代表の立ち位置など可能な限りで把握して観戦しようとしました。

 

良性のにわか(新参)については、古参が温かく支援するべきである。と、そう思います。

良性のにわかは、いつかラグビー界に寄与するアクションを起こすこともありうる人たちだと思います。たぶん。

だから、良性のにわかはOKと思います。

 

 

ちょっと話は変わって、

このラグビーのプチブームの一因には、(もちろん南アフリカに勝ったというのはありますが)

「五郎丸選手」というキャッチーな名前(本名・苗字)の選手が、

キックの時に「謎の儀式」をするというキャッチーな感じが今回のプチブームに拍車を掛けているのだと思います。

 

メディア的に、使いやすいシーンなんでしょう。だいたいあのシーンが流れますね。見る人も興味を持ちやすい。

http://news.walkerplus.com/article/65042/363672_615.jpg

導入としてそういうキャッチーな存在がいて興味を持ち、そこから芋づる式に(?)ラグビーの良さが伝われば一番いいのでしょう。

 

高校野球も、「清宮くん」がある意味でキャッチーな存在として盛り上がりを作っていたんですね。

サッカーも「本田・香川・宇佐美 選手」、バレーボール男子は「NEXT4 石川選手」など。

 

「悪性のにわか」はそういうメディアが仕掛けるキャッチーな存在しか見ないというか。

そこだけが、そのスポーツの全てであるかのように見る人でしょうか。

あとは、とにかくスポーツバーで騒ぎたい人たち笑。

 

 

あと、ちょっと話が変わりますが、

スコットランド戦を見ていて、後半にスコットランドに いくつかトライを奪われた辺りで、

解説の人が「まだ全然イケル」的な発言をしていたことに違和感を抱きました。

 

前半からじっくり見ていて「点数を入れるのは思った以上に難しいこと」が理解できました。

前半を7-12で折り返した時点で5点差。この時点では「まだ全然イケル」と思いました。

 

5点差と言うのは、トライひとつで追いつく数字ですが、実際トライはかなり難しい。

ペナルティのキックが3点なので、地道に追いつく方法もあります。

 

しっかり守備をして、キックでジワジワ&トライで!と、逆転の算段はできます。

しかし10点差20点差は結構大変。

 

最終的に、10-45ですから、割と後半中頃には勝負は見えていた。

 

後半いくつか絶対決めたかったポイント、絶対取られてはいけないポイントあったと思います。

それを的確にメディアは伝える必要があったと思います。

メディアも「悪性のにわか」になってしまっては良くない。そう思いました。

最近のメディアは、悪性のにわか目線で出来ている。そんな気がします。

 

 

 

 

【読むのを飛ばしてきた人へ】

若干部屋探しに関係のある話題になります。

でもまだ若干無駄話なので、物件情報だけ見たい人は さらに下へ!!

 

部屋探しに置き換えて考えてみましょう。

デザイナーズというのは、「ちょっと別次元に感じる」という方いると思います。

そういう世界の人しか住んではいけないような…

デザインのことを良く知らない「にわか」では手を出しにくいという感覚。

 

そんなこと無い。大丈夫です。

「住む」って事については、みんな素人であり、ある意味みんな玄人です。

安藤忠雄さんは、コンクリ打ち放しばかり作るのに、自分は普通のマンションに住んでいるという話を聞いたことがあります。

ある意味、デザイナーズに住むのは素人であると言えます。

 

 

確かに、「コレ住めるのか…?」と思う、デザイナーズ物件もありますが、そういうものだけではない。

このブログでは、デザイナーズだからこそ、普通の物件に比べて「気持ちよく暮らせそう」という視点でセレクトしています。

 

「気持ちよく住みたい」という感覚は、デザイナーズで探していなくても共通のテーマと思います。

だから、大丈夫。

 

私の中でこのブログは、ニッチな/マイノリティ向けに物件セレクトして書いている訳ではなく、

普通の人も楽しんで検討してもらっていいように大多数の層にも向けて書いているつもりです。

 

 

内見時、「デザイナーズは住んだことがない」とかおっしゃて頂ければ、的確に住み方などアドバイス致します。

ラグビーの解説のように「まだ全然イケル」的な素人を騙すような事は言いません。

 

ガラスが多いので寒いとか、暑いとか。でも、ガラス張りだからこその眺望だとか。

北向きだから… 収納が… キッチンが… 水周りが…うんぬんかんぬん…

諸々しっかりお伝えします。物件ごと良さそうな部分・悪そうな部分しっかり考えて説明します。

 

私は「プロの目線」とやら でご相談に乗るのではなく、経験値多めの「素人目線」で相談に乗ります。

だから、「にわか」だと思う方も 安心してください。私が案内すれば 住めるかどうかしっかり判断できると思います。

 

新国立競技場の問題やオリンピックロゴの問題、安保法案の問題、その他もろもろで、

メディアの伝え方について、若干 悪い意味で違和感を抱いたので、

ちまちまとではあるが情報を発信する人間として、しっかり情報を伝えたいと思う 今日このごろです。

良性のメディアを目指しております。

 

 

 

【読むのを飛ばしてきた人へ】

ようやく物件の紹介です。

毎回、前置きが長くなって物件紹介が雑になります。

ご了承下さい。

 

では改めて。

Treform 新大塚駅  徒歩3分

http://www.kkf.co.jp/g/takagi_po/treform/

間取り図

↑ 1F図面。掲載の写真は1Fのものです。124号室 18.7万。

 

間取り図

↑ 2F図面。1Fと比べると左の部屋が無いだけで構成は同じです。224号室16.3万。

 

変わった間取りですね。でも「にわか」の方々、そんなに毛嫌いしないで下さい。

よく見れば、上手く出来た、暮らしてみてもどうにかなる間取りです。

 

2Fの方の間取りで考えると、真ん中の4.7帖がベッドルームになると思います。

扉で仕切れます。

IMG_8922

 

IMG_8910

わかります?白い壁に囲まれた その中です。フローリングの。

で、その外周がいわゆるLDK。外周は白いタイル。

 

リビングの空間とベッドルームが近い感覚ですね。

 

ベッドルームとリビングダイニングが別々過ぎない方がいい

というライフスタイルの人には良いと思います。

 

外周のLDK部分はガラスでスケスケ オープンな空間です。(全ての窓にブラインド有り)(開閉できる窓には網戸有り)IMG_8906 IMG_8908 IMG_8911

外周はオープンですが、ベッドルームが比較的クローズなので、丁度良い。

 

この丁度良さが、デザイナーズならではの 気持ちよさに繋がると思います。

あと外周は、床暖房完備なのでバッチリです。

IMG_8909

キッチンはアイランドです。面白いですね。

写真の手前側にテーブルを延長させてダイニングにしても良さそうですね。

IMG_8905

↑これ、玄関入ってリビングに行くまでの廊下的なスペースです。

右手は全て収納なので、意外と住みやすいレベルです。

左がベッドルーム。

IMG_8918

これは、トイレとお風呂・洗面所。

お風呂ガラス張りはイヤだ!とかなるともう無理ですが、コレはまあ好みです。

圧迫感が無くて好きな人は好きです。僕もこういうのが好きです。

 

図面と写真を見る感じだと、とても奇抜なデザイナーズに見えますが、

「意外と全然住めるぞ」という物件です。

意外と「にわか」にも受け入れやすいのではないかと思いました。

 

そういう意味で「にわか 及び ミーハー 募集」です。

以上です。。。

 

こちらの物件を内見されたい方・一緒に部屋探しをしたい方は下記へメール下さい。

 

もしくは下記へコメントでも。お気軽にどうぞ。

コメントは、すぐには公開されず私の承認が必要になるので、

公開されたくない内容でも、その旨お伝え頂ければOKです。

 

suzuki_h@kkf.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment