【Re】再び。

2014年5月26日


カスタリア都立大学 都立大学駅 徒歩9分

http://www.kkf.co.jp/g/morimoto/ipse_tori/

 

好きな本のひとつ。

デザインのデザイン

「デザインのデザイン」という本。

その中に、「RE DESIGN」という話があって、すごく面白い。

日常的にあるものをもう一度デザインし直すと。。。みたいな。

トイレットペーパーの芯を丸じゃなくて四角にRE DESIGNしたり。

興味があればぜひ読んで欲しい本です。デザインって面白いなぁという。

不動産業界も「Re」するべき所があって…という主張をされている方がいらして大変リスペクトしているけど、それも踏まえて別の角度から「Re」してみたいなぁ。とコッソリ思っています。

 

さて、それはどうでもいいとして「Re」な物件をひとつ。

 

カスタリア都立大学

REFINING(リファイニング)建築と言う、なじみのないものですが。

ザックリ噛み砕いて言うと「かなりガチなリノベーション物件」でしょうか。

1968年竣工の物件を2005年にリファイニング。築50年近い。。。

耐震補強しているので、そういう意味では全く問題ないです。

s-IMG_5640

近くには小学校があったり、町工場的なのがあったり、鉄塔があったり、緑道があったり、少し哀愁を感じる。

ファサード(外観)はパンチングメタルで覆われた現代的なものなのですが、鉄塔や町工場のマテリアルと案外マッチしてて、意外と丁度良い“新しさ”。あとは、時代を感じる共用部やそこから切り取られた景色がまた上手く時間を調整している感じがして、いい具合にReされているなと思いました。

s-IMG_5650 s-IMG_5651s-IMG_5654 s-IMG_5661

s-IMG_5662 s-IMG_5641

s-IMG_5660 s-IMG_5663

インテリアもセンス良くまとめられている感じがします。

ざっくり置かれたキッチンとか。折り上げ天井の間接照明。窓のスケール感もカワイイ(昔のなので低い)。

s-IMG_5648 s-IMG_5653

違う部屋も。イイ感じ。白と黒のツートーン。

s-IMG_5655 s-IMG_5656

場所も程良いので、オススメです。

 

学生の時、「住宅のリストラクチャリング」(restructuring=再構築)というテーマのコンペで入賞したのはいい思い出。審査員の先生方(建築家の巨匠)にコテンパンにされたけれど。なにか重大なことを履き違えていた感じ。いまは完全に履き替えました。履き替えたのに履き違えている可能性は否めないけれど。

 

みなさんの好きな「Re」はありますか?

 

私の好きな「Re」は「Re-sleep」

 

二度寝です。

 

空室状況などのお問い合わせはsuzuki_h@kkf.co.jp まで。