名刺のデザイン承ります

2014年4月3日


先日「いいとも」が最終回を迎えました。やはり寂しいですね。私自身も人生の節目節目に「いいとも」があったように思います。終盤は「ヒルナンデ ス」を見ていましたが、それもいい思い出。もっと見ておけば良かった、もっとやさしくしておけば…etc…的なあの感覚。「いいとも」を経由して自身の人 生をフラッシュバックさせて感慨に浸った人も多かったのではないでしょうか?人の心に残っていく様はそれは「デザイン」が与えるものと近い気がします。

名刺の話をします。弊社の名刺は自分でデザインや仕様を考えていいという放任主義的なものとなっています。最近デザインを変えました。テーマは「部屋に飾れる名刺」です。自分でデザインしています。

IMG_20140330_110159

私がご紹介したお洒落なお部屋にご入居頂いたとして、そこへなんとなく飾って頂くと。さりげないロゴの「構成のカッコよさ」と「サイズ感のカワイさ」を同居させたシンプルでモダンな、どんな空間にもマッチするデザインです笑。

「石双居」というコンクリートブロックと木、黒サッシュがストイックでカッコいい物件で撮影しました。フィットしていますよね笑。クールです。http://www.kkf.co.jp/g/simada/ssk/千歳船橋・経堂で11万程。

小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 室内イメージ

小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 03室イメージ     小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 02室イメージ

例えば、来客された方が手に取りたくなるような。次の家探しの時までさりげなく置いておけるような。名刺らしくない感じ。手に取った時にやわらかい印象を受けるように紙の材質にもこだわりました。で、ペロンと裏返すと会社名と私の名前が書いてあると。ここから次々にお客様をご紹介お頂いたり、次のお引越しの時も依頼していただいたりと、そういう目論見です笑。

IMG_20140404_180730

前回の名刺から新しくデザインした際に「営業部」という文字を消しました。勿論営業はします。だけど、いわゆる不動産仲介業者のゴリゴリ営業はしたくないというスタンスを表現しています。

建築を学んでいた頃、建築家である教授に「たくさん建築を見に行きなさい、写真(雑誌)だけではわからないのだから」と教えられました。今でもその 通りだと思います。それはつまり、建築家であっても見てみないと分からないという事でもあると思うのです。それが急に不動産の賃貸仲介になった途端に 2~3件見て決めて下さいという「営業」は出来ないわけです。「営業」的には2~3件で決めて欲しいけど、なんか腑に落ちない。みたいな。

お客様の立場に立って考えても、当然数時間、数件で完全に満足できる物件を見極められる訳はないと思うのです。賃貸と言えど大きな買い物です。私なんて、たがだか数千円の洋服を選ぶのだって数時間悩んで、数日後も迷ってみたいなことは多々あります。即決の時もあります!

でも、だからと言ってやみくもに何件も見て比較するのも違うとは思います。でも、私はお客様と一緒に物件を見ていれば2~3件で大体の好みや要望が 分かってきます。そこで、次回また数件見ましょうと。だいたいこんな感じでご希望通りのデザインに辿り着きます。私もお客様も着地点のイメージが共有でき ているので、お互いに気持ちのいい家探しな訳です。玄関を開けて数歩歩くと、お互いに「あ、ココですね笑!」となります。そんなこんなで最終的に満足頂くことが多いので、握手か厚めの感謝の言葉(まれにハイタッチ笑)で締めくくられます笑。そういうことを、名刺を飾って頂く伏線にしようと思っています。

イイネと共感しあう事で繋がっていく「営業」が理想です。

こだわりがあって本気でお部屋を探される際はぜひ声をかけて下さい。

程良い「営業」をします。宜しくお願い致します。

 

他のスタッフの名刺も私がデザインしました。

その人のキャラクターをなるべく反映するように。

IMG_20140511_191313