”ことわざ”が生まれる瞬間 その住居

2014年9月6日


本当にどうでもいい話です。

 

カスタリア恵比寿 恵比寿駅 徒歩13分

http://www.kkf.co.jp/g/morimoto/ipse_ebi/

 

言葉の成り立ちや言語が生まれる瞬間に興味がある(インテリジェンスな気配…)

言語は長い年月をかけ開発・再構築・熟成されて今に至っているはずだ(インテリジェンスな気配…)

新語・流行語大賞(今でしょ!や じぇじぇじぇ のやつ)の新語はまさに新たな言語だし、流行語も既存の言語を再構築して新たなイメージを付加したことによって流行したという点ではそれもまた新たな言語といえる(インテリジェンスな気配…)

“ことわざ”も何百年前の新語・流行語だったに違いない。江戸:お前それじゃあヌカに釘やん!笑。みたいな。

先人たちは生活のあらゆるシーンを色んなことわざに置き換えそれを拡散させ後世に伝えてきたのだ。それと同じようなことは現代でも起きていると思う。でもなんとなく出尽くした感があるから言語を開発する感覚を得にくい。激おこぷんぷん丸である。

でも、よくわかんないけど言語を開発できたら面白いなと思っている。

という、なにが言いたいのかよく分からない話ではありましたが、なんかことわざが生まれそうな物件に出会ったのでこんな話をしてみました。

というわけで、

カスタリア恵比寿 恵比寿駅 徒歩13分

IMG_6514 IMG_6515

IMG_6513 IMG_6517

IMG_6518 IMG_6520

この話は現時点の空室でいうと#501に限る。H26.09.01

注目ポイントは駅からの「徒歩13分」という点と窓から見える「ガーデンプレイス」である。

ガーデンプレイスは言わずと知れた恵比寿のランドマーク。

まあ大した事は思ってないんですが、「駅から少し離れたほうが恵比寿に住んでる感じがするじゃん」と思ったのだ。

ああぁ、なにか生まれそう。言葉が生まれそう。ことわざが生まれそう。っていうかそういうことわざ無いっけ?みたいな。

たぶん既にあるような無いような。たぶんある。でもインテリジェンスの欠片もないので思い出せない。思いつかない。脳内検索に引っかからない。そんな感じ。

なんかその、物事の本質は近くにいては見れないから少し引いて見た方がいい。みたいな。

例えば、富士山を見たいなら登って見るより離れて見た方がという感じ。

“木を見て森を見ず”に近いような。でもなんか違う。

あえてことわざ風にするなら、「恵比寿は遠景にこそ恵比寿」(意味不明)

センスがないと広まんないんだなあということですね。

 

んで、え~っと、物件は結構いい感じです。(ざっくり)

百聞は一見に如かず。内見希望お待ちしています。

 

以上です。

内見希望の方はメールを下さい。

suzuki_h@kkf.co.jp